調査レポート

【調査レポート】「#エアリズムマスク」のハッシュタグが急上昇。コロナウィルスへの関心の高さが伺える結果に。

AIQ株式会社独自のAI分析技術を駆使し、インスタグラム上で集計したハッシュタグの投稿データを可視化し、トレンドとして急上昇したワードを選定・分析した調査レポートを配信しています。  

調査内容・結果

大手アパレル企業ユニクロで6月19日から販売予定の機能性素材“エアリズム”を使用したマスク「#エアリズムマスク」の投稿が6/9から6/17までに約500件近く増加した。

データ詳細

調査時期:2020年6月9日〜2020年6月21日
調査対象アカウント数:1,446件
調査方法:当社独自調査・分析ツール

ハッシュタグ数の推移

6/9の段階で600近くのタグ付けがなされており、6/9〜6/17にかけて715から1,045件にハッシュタグ付け数が増加。データ集計結果は21日までだが、22日の発売日には4,000件近くまでハッシュタグ数が伸びている。



図1:各日の投稿数の累計及び推移

ハッシュタグが付けられた時間帯別割合

最も多くタグ付け+投稿された時間帯は10:00前後となった。投稿内容を分析すると、購入して即時インスタグラムにアップするような投稿が多いことから、時間帯別においても影響したと考えられる。


図2:午前0時から午後23時までの1時間毎の投稿数割合

ユーザー属性

投稿しているユーザーの属性は、30代女性ユーザーからの投稿が圧倒的に多く、全体の約半数を占める結果になった。


図3:男女別の投稿数の割合

都道府県毎の投稿割合

投稿件数は東京都や神奈川県などの関東圏からのユーザー投稿が最も多いことが分かった。

関連するハッシュタグ

新型コロナウイルス感染症対策としてマスク着用が一般化する中、エアリズムマスクと関連してコロナに関するハッシュタグが付けられた。その他購入した販売当日の19日に投稿された影響で「整理券」、「行列」なども関連ワードに入っている。

#ユニクロ(613回)
#エアリズム(280回)
#手作りマスク(198回)
#夏用マスク(102回)
#ハンドメイド(61回)
#コロナに負けるな(41回)
#ハンドメイド(40回)
#布マスク(40回)
#マスク手作り(36回)
#銀座(34回)
#コロナ対策(31回)
#整理券(29回)
#立体マスク(28回)
#行列(24回)

#エアリズムマスクの投稿傾向から読み解くユーザーニーズ

大手アパレル企業ユニクロが2020年6月19日発売した「エアリズムマスク」がインスタグラムやTwitterなどの各SNS上でトレンド入りした。販売当日は多くのお客が行列をなし、インスタグラム上では購入した一般消費者からの投稿が多く見受けられた。インスタグラムへの投稿者の7割以上を女性が占める結果となり、このデータから、コロナウィルスに関する情報には女性の方が関心が高いのではないかと推測される。

今尚猛威を振るうコロナウィルスへの対策や情報は日々更新され続けており、コロナに関する有益な情報や投稿などあれば随時民間人同士でSNS上で女性を中心にコミュニケーションを取り、情報をアップする流れが今後も続くと予想される。その為、一般消費者に向けてコロナウィルス対策の商品のソリューションサービスを展開することでSNSでの話題性も広がりやすく、ビジネスチャンスがあると考えられるのではないだろうか。

調査レポートに関する問合せ

AIQ株式会社 担当:大⻄洋平
Email:info@aiqlab.com