調査レポート

【調査レポート】何故急増した?「#デタカ交換2020」ハッシュタグ数は昨年比で8倍以上に増加

AIQ株式会社独自のAI分析技術を駆使し、インスタグラム上で集計したハッシュタグの投稿データを可視化し、トレンドとして急上昇したワードを選定・分析した調査レポートを配信しています。    

調査内容・結果

大手出版社集英社で発売している雑誌「Myojo 明星」で付録として付いているタレントのプロフィールデータカードに関連するハッシュタグ「#デタカ交換2020」が6/24〜25にかけて500もタグ付け数が増加し、25日時点まで約8,000件のハッシュタグが付けられている。主に10代〜20代の女性ユーザーを中心に多くの投稿にハッシュタグが付けられた。昨年もトレンド入りした「#デタカ交換2019」のハッシュタグ数が1019件で、今年度は昨年比で約8倍まで増加したことになる。

データ詳細

調査時期:2020年6月12日〜2020年6月25日
調査対象アカウント数:434件
調査方法:当社独自調査・分析ツール

ハッシュタグ数の推移

6/12の段階で7,764のタグ付けがなされており、6/24〜6/25にかけて500件近くハッシュタグ付け数が伸長した。



図1:各日の投稿数の累計及び推移

ハッシュタグが付けられた時間帯別割合

最も多くタグ付け+投稿された時間帯は21:00前後となった。


図2:午前0時から午後23時までの1時間毎の投稿数割合

ユーザー属性

投稿しているユーザーの属性は、10代〜20代の女性ユーザーからの投稿が9割を占める結果になった。


図3:男女別の投稿数の割合

都道府県毎の投稿割合

投稿件数は東京都、大阪府などの都心部のユーザーからの投稿が多いことが分かった。

関連するハッシュタグ

データカードの話題に対し、ファンの間で通じる専門的な用語がハッシュタグ化されたワードがタグ付けされている。

#デタカ交換(1246回)
#デタカ(729回)
#デタカ交換予約(645回)
#厚紙交換(275回)
#デタカ2020(201回)
#デタカ無限回収(135回)
#なにわ男子(113回)
#デタカ求(92回)
#ジャニーズwest(88回)
#美少年(81回)
#少年忍者(79回)

何故伸びた?昨年から盛り上がりを見せるデータカード

「Myojo 明星」は、集英社が発行している芸能雑誌であり、1990年代後半からはジャニーズ事務所に所属するタレントを中心とした掲載内容になっている。
Myojo 明星の公式インスタグラムアカウントでは、データカードに関連する投稿は殆どなされておらず、UGC(User Generated Contents)=ユーザーが自分で発信した投稿が多く見受けられる。
さらに今回の投稿内容を分析すると、ユーザー同士でデータカードの交換の場としてインスタグラムが活用されているケースがあり、ただ自身のコンテンツを写す場ではなく、コミュニティー内における情報交換の場所としても活用されている点が、ハッシュタグ数の増加につながったと考えられる。
「#デタカ交換」のハッシュタグ数は、2019年に163回だったところ、2020年に入り1,246回に増加している。
今後のユーザーや企業におけるインスタの活用方法は気軽にコミュニケーションするためのツールとして使用されるケースが増えると予想。

調査レポートに関する問合せ

AIQ株式会社 担当:大⻄洋平
Email:info@aiqlab.com