AIQ株式会社

ディープラーニングによる画像解析

Blogの1回目としまして、まずは弊社で開発している技術を少しご紹介します。

弊社ではYolo V2やSSDといったディープラーニングを用いた画像解析技術や、テキストCNN、LSTMを利用した自然言語処理を得意としています。

YoloやSSDを用いた画像解析を行う場合、ニューラルネットワークの構築や精度向上のためのチューニング作業が非常に大変ですが、学習用の教師データの準備も非常に大変な作業です。

弊社では独自開発した教師データの作成ツールを用いて、省力で大量のデータセットを作成することを実現しています。 これによって1枚の写真に映っている複数のオブジェクトを同時に認識することが可能です。

また、弊社で過去に学習させた学習済モデルを転移学習させることによって、短期間に精度を出すことが可能としています。

ファッションのコーディネート検出に利用した例です。
ジャケットや、シャツ、ネクタイなどのファッションアイテムを学習させ、写真からその領域を検出することが可能です。

SNSのプロファイルエンジンの開発時に利用すたロゴ検出の例です。
SNS上にアップされた写真を解析し、そこに何が映っているか高精度で検出することが可能です。

これらの技術にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。


さて、AIQでは、私達と東京か札幌で一緒に働ける仲間を募集しています。
詳しくはこちら

私達と一緒にを様々な業界の未来を変えていきませんか?